ライラック司法書士事務所

債務整理業務

 

 債務整理とは、借金が増えて返済に困った時に、どのようにして返していくかよい方法を考え、 任意整理・個人再生・自己破産などから手続選択をすることです。

 例えば、
  ★ 借金で生活が立ち行かなくなったとき
  ★ 借りたお金の返済が滞っているとき
  ★ ヤミ金からお金を借りてしまったとき など

   

 では、そのような場合に選択していく手続について簡単に説明してみましょう。
  @任意整理 → 裁判所を介さないで、司法書士が代理人となり、債権者(貸主)と話し合って、無理なく支払える支払条件に変更するという手続です。
            借金の総額がそれほど大きくなく、引き直し計算後の借金を、一括払いや分割払いができるようなときにとる手続といえます。

  A個人再生 → 裁判所に申立てて、借金を3年内(場合によっては5年内)に分割して支払っていくこととする手続です。定期的な収入がある場合に、
            借金を一定の額に圧縮し、分割払いをするときにとる手続といえます。住宅を残しながら申立てることができる場合があります。

  B自己破産 → 裁判所に申立てて、借金の責任を免除してもらう手続です。
            借金の総額が大きすぎて支払が困難になった場合、借金を免責してもらうことで生活を再建する手続です。
            自己破産をしても、戸籍に載るようなことはありません。

     ※このほかに、裁判所を介して、債権者(貸主)と話し合いをする特定調停という制度もあります。
             


過払金返還請求

  過払金返還請求とは、借主が貸金業者などに対して、利息制限法を超えて支払った利息取り戻すことを言います。
 利息制限法で計算し直すと払いすぎになっているので、返してもらうというようなイメージです。
 長年、消費者金融からの借り入れが続いている場合だけでなく、すでに返済が終わっているものについても、計算し直すことで
 過払金の発生がわかることもあります。
    


      上記のような問題で、司法書士としてお力になれることがあります。秘密は厳守いたします。
     なお、相談は初回無料となっておりますので、お気軽にどうぞ。また、メールでの問い合わせは、こちらからどうぞ。


ページトップへ戻る