ライラック司法書士事務所

法定後見

  成年後見制度とは、認知症、精神上の障害などで判断能力が十分でない場合、
 ご自身で財産管理をされるのに困難な場合などに、後見人等がご本人に代わり財産管理などご本人を支援する制度です。
 例えば、後見人が選任されていますと、ご本人にとって不利益となるような契約などをされても、後見人がその契約を取消すことができます。
 このように、成年後見制度は、ご本人の権利・財産を守るためにつくられた制度です。

 ★後見申立から選任まで
   ご本人や親族といった一定の申立人から 家庭裁判所へ申立をし、
   家庭裁判所による審判によって「成年後見人」が選任されます。

 ★選任後の後見人の権限
   家庭裁判所により選任された成年後見人は、ご本人のための財産管理権と代理権が付与されます。
   また、ご本人の行った法律行為について取消権等が与えられます。

   このように、代理権が与えられますが、判断能力が不十分であっても、できる限りご本人の意思を尊重しながら支援をするというのが、
  成年後見制度の理念です。
  司法書士は、成年後見についてのご相談を受けたり、成年後見申立書の文書作成代理や、場合によっては成年後見人等に就任することができます。  

任意後見契約

 任意後見契約とは、将来に判断能力が不十分となった時に備えて、あらかじめ後見人を選び備えておくという契約です。
 ご本人と後見人との合意のうえでの契約となります。そして、任意後見契約で合意した契約に基づいて、後見人の代理権の範囲が定まります。

 司法書士は、任意後見についてのご相談を受けたり、ご希望によっては任意後見人として就任する契約を結ぶこともできます。  


ページトップへ戻る